こだわりの保険・ローン・カード


記事の内容

前へ | 次へ

進学ローンと厚生年金
2012/10/28 15:41

ただこれは上限が200万円なので、入学金と当座の生活費位はなんとかなりますが、子供が卒業するまでの資金を全て賄うのはとてもじゃないけど無理ですよね。
そうしたブログやサイトで今一度年金や進学ローンについて学び、将来設計を立てられて見てはいかがでしょうか。
さあいよいよこれから必要だという時に何の役にも立たない状態で、頼るは進学ローンのみという訳です。
そこで、取りあえず国民金融公庫からの融資と奨学金制度をフルに生かす方向で考え、最終的に不足分を年金貸付で賄うしかないかなぁっと考えています。
本来なら誰でもが利用出来る制度なんですよね、年金加入は国民の義務ですから。
ただ、やはり国の進学ローンに比べれば金利が高いのは確かです。
これからの時代、親の収入は減るのにも関わらず、子供の学費は増える一方です。
年金貸付というのは、厚生年金か国民年金に加入している人を対象とした進学ローン。
もし親に不具合があって、進学ローンの審査が通らず、子供が進学を諦めるような事にでもなれば、それはとても辛い事です。
今はまだ子供さんが小さくて、進学ローンなんて実感の湧かない若い親御さんも沢山いらっしゃる事でしょう。
その時、年金貸付や郵便局の進学ローンが利用出来るように、今からきちんと計画を立てた生活をされる事をお勧めします。

進学ローンを組むのは親ですから、あくまでも親の借金。
しかし、もし地方の私立大学に進学が決まれば、他の進学ローンも足して補わなければならなくなってしまいます。

カテゴリ:ローン

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog