こだわりの保険・ローン・カード


記事の内容

前へ | 次へ

育児休業中の年金免除
2012/11/20 19:31

つまり、育児休業についての優遇措置が年金免除で、これが適用されると、育児休業を取得した場合、保険料を全額支払わなくてよくなるのです。
育児休業での年金免除を受けると、育児休業中、厚生年金保険料も健康保険料と同様、申請手続きにより、被保険者負担と会社負担が両方免除されます。
そして、育児休業での年金免除については、これまでは子供が1才になるまでが免除上限だったのですが、今では3才にまで延長されています。
厚生年金などの保険料は会社と社員が折半していますが、年金免除は、会社負担分の支払いも免除対象なので、非常に大きなメリットがあるのです。
申請すれば、年金免除は簡単にでき、それで健康保険や厚生年金の支払いをしなくても済むので、育児休業中の人は大いに利用すべきです。
基本的に、育児休業での年金免除は、申請したその月から免除の対象となるので、安心です。
また、年金免除期間については、育児休業が終了する月までの全ての期間が含まれるので、目いっぱいこの制度を利用することができます。
育児休業での年金免除期間は、その間は保険料を払っていたものとみなされるので、診察も自由に受けることができます。

年金免除が育児休業で採用されると、健康保険や厚生年金の支払いがいらなくなるので、経済的にとても楽になります。
一般的に、育児休業で年金免除を受ける場合には、申請書を年金事務所に提出しなければなりません。
ただ、キチンと育児休業での年金免除を申請すれば、その月から免除されることになるので、非常に便利な制度であることは言うまでもありません。

カテゴリ:ローン

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog