FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金免除になる収入

大体の年金免除を受ける際の収入の目安は、家族4人で前年度の収入が162万円以下なら全額免除ということになります。
基本的に、年金免除には、全額免除と一部免除があり、いずれも前年度の収入と家族構成で算定されることになっています。
安易に年金免除制度に頼るのではなく、少しでも収入のある人は、しっかりと年金を払っていかないと、国の財政破たんは目に見えています。
最近問題になっているのは、年金免除の不正手続きで、未納率が上がっていることも合わせて、社会問題にまで発展しています。

年金免除については、その審査は、収入が大きくものをいい、通常、前年度の収入と家族構成が要因になります。
そして、年金免除については、10年以内ならば、保険料を追納することができるのです。
こうした年金免除不正対策は、未納者の割合を少なく見せることができるメリットはあったのですが、保険料は納付されていないので、意味がありません。
政府は年金免除不正手続きに関しては、躍起になっているのですが、その効果はありません。
つまり、年金免除を申請しても、国民年金の保険料を全額払わねばならない場合が出てくるのです。
一部免除の年金免除については、これまでは半額納付だけだったのですが、今では、4分の1納付、2分の1納付、4分の3納付の3種類となって、種類が増えています。
そして、年金免除が通ると、その免除期間中の保険額については、全額納付した際の3分の1が支給されることになります。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。