FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失業時の年金免除

法定年金免除は、障害基礎年金や生活扶助の人が対象で、届け出することにより、国民年金の保険料が全額免除されることになります。
つまり、年金免除を受ける人、もしくは家族の経済状態に応じて、全額免除か、一部免除が決定されるのです。
また、一定以上の所得のある配偶者がいた場合においても、特例年金免除では、全額免除は通らないことになります。
失業した人については、特例年金免除を申請したほうが、非常に有利で、経済的に助かります。
ただ、失業者が単身世帯でなく、配偶者や世帯主に一定の所得がある時は、年金免除が認定されないことがあります。
この年金免除は、本人の申請によるのもので、申請免除場合、全額免除と一部免除に分けられます。
通常の年金免除の審査は、前年度所得が57万円以下の場合に全額免除となるのですが、失業特例の場合、単身世帯なら前年度の所得に関係なく全額免除が適用されます。

年金免除に関する審査というのは、一般的には申請者本人の所得と、申請者の配偶者の所得、世帯主所得が加わります。
特例年金免除においては、本人所得はゼロとみなされるのですが、一定以上の所得のある世帯主がいたとすると、全額免除は通りません。
そして、年金免除の一部免除の場合は、細かく分けられていて、4分の1納付、半額納付、4分の3納付などに分けられています。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。