FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変額年金保険で資産運用

まず、変額年金保険の場合、購入時に手数料がかからないメリットがあり、つまり、投資信託や株式のような投資商品とは違うのです。
年金原資や年金受取総額に最低保証が付けられているタイプの変額年金保険なら、資産運用をするにあたって、余計な心配がありません。
公的年金の補完としての資産運用としても変額年金保険はおすすめで、老後資金を準備するのに最適です。

変額年金保険は、運用実績に関係なく、最低保証額があるので安心で、インフレリスクに対応しやすいので、資産運用にはもってこいです。
運用期間が長くなるほど、変額年金保険の場合、税の繰り延べ効果があるので、資産運用としての価値は大きいのです。
しかし、税金面については、変額年金保険は、投資信託よりも有利なので、そう言う意味でも、資産運用としておすすめできます。
そして、手数料がかからず、変額年金保険は、運用益については、年金受取開始時もしくは解約するまで、課税が繰り延べされるというメリットもあります。
ただ、変額年金保険の場合、解約返戻金には最低保証がないで、その点は、注意しなければなりません。
変額年金保険なら、保険料を一定期間投資信託で運用するので、将来受け取る年金額に楽しみがあります。
そして、変額年金保険の場合、運用期間中、死亡した場合でも、死亡給付金が支払われるので、安心して資産運用に没頭できます。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。