FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変額年金保険販売資格

銀行窓口の販売においては、試験にパスして、変額年金保険の販売資格を取得しなければ、この保険を販売できません。
つまり、変額年金保険の販売資格を維持するには、保険会社に登録し続ける必要があるというわけです。
つまり、変額保険と変額年金保険というのはまた、タイプが違う保険になるのです。変額年金保険には、この保険を募集できる販売資格というものがあり、この資格を得るには、販売資格試験に合格しなければなりません。
ただ現行制度では、代理店もしくは、他の保険会社の社員になった際でも、変額年金保険の販売資格があれば、届け出だけで募集が可能になっています。
投資信託において、金融機関窓口の販売のために、特別会員証券外務員一種があるのと同様に、変額年金保険を販売するには、販売資格がいるのです。
会社を辞めた場合、変額年金保険の販売資格は使えなくなる場合がありますが、それは資格自体が無効になるものではありません。

変額年金保険の販売資格は、その保険会社によって規定がはっきりしていないので、各会社できちんとした確認が必要になります。
最近では、保険関係のトラブルも多発しているので、変額年金保険の販売資格もより厳しくなっていることは事実です。
変額年金保険の販売資格制度は、販売に必要な知識を修得することを目的としているもので、専門課程試験に合格しなければなりません。
基本的に、生命保険会社に勤めている人は、通常、専門課程に合格した後、変額保険の販売資格を取得することになっていますが、これは変額年金保険ではありません。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。