FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソナルファイナンス学会

最近では、パーソナルファイナンス学会で、金融教育の波及性についての論文が発表されています。

パーソナルファイナンス学会は、2009年5月に、消費者金融サービス研究学会から、その名を改めました。
このパーソナルファイナンス学会は、元は2000年に登場していて、最初は消費者金融サービス研究学会として発足していました。
特に、金融政策に関するパーソナルファイナンス学会の発表は、多くの人から注目を集めています。
つまり、パーソナルファイナンス学会と言うものがあり、ここでは、個人と金融に関する事象について、日夜研究しています。
そして、2005年頃から、パーソナルファイナンス学会では、日本での先行研究論文が評価されてきています。
世界の金融教育政策に注目しながらも、パーソナルファイナンス学会では、慎重に日本での金融教育のあり方を日夜、研究しています。

パーソナルファイナンス学会は、原理、原則的な学問と留まらず、常に時代の変化に応える活動をしています。
その後、金融教育、歴史、諸外国の事情などについても、研究分野の枠が広げられたことから、パーソナルファイナンス学会は、経済、社会の変化にも対応します。パーソナルファイナンスというのは、人生設計をしていく上で、資産管理をするには、非常に便利なものですが、このシステムには学会存在します。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。