FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クオカードとは

感覚で言えば図書カードと同じですが、クオカードの場合は支払いの対象物が特に制限されません。

クオカードをプレゼントとして贈る考えは、ただ現金を渡すよりも凝っていて良いという考えがあるようです。
確かに、現金を貰うのでは味気なさが残ってしまいますね。
昔ならテレフォンカードがあった場所に、今クオカードがあると考えてみると不自然さはありません。
それ以上の支払い能力がないため、使い過ぎを予防することができます。
オリジナルでクオカードをデザインするなら専門に頼む必要がありますが、普段使い用なら加盟店での購入が可能です。

クオカードの良いところは、手に入れた時点で使用可能な金額が決まっている点でしょう。
ただ、クオカードは全ての店で利用可能ではないため注意する必要があります。
とは言え500円のクオカードは手に入れる機会が多く、額は多くありませんが一度手にした事があるかもしれません。
とは言ったものの大手コンビニや書店にガソリンスタンドと、クオカードが使える店は結構多いです。
クオカードがあれば現金を持ち歩かなくても済むため、小銭で嵩張らないのも嬉しいですね。
またクオカードの金額分を使い切っても手元に残しておけるため、ちょっとしたプレゼントには使いやすいのです。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。